Divorce

離婚による不動産売却

お互いの意見を取りまとめた最良のご提案

離婚に伴う不動産売却は負担が大きい作業です。

離婚に伴う不動産売却は、金銭面はもちろん、精神面にも負担が大きい作業となります。弊社では、不動産売却だけではなく双方の意見を取りまとめ、解決策を導きだします。お客様の希望や状況を確認した上で、最良のご提案をさせて頂きます。
  • 離婚後は現在の住まいに誰も住まないため、売却したい
  • 慰謝料や財産分与を支払うために、売却したい。
  • この先の住宅ローンが苦しいので、住宅を売りたい。
  • 共有持ち分になっているため、どうしたら良いかわからない。
  • 残債が多く残っていますが、売却できますか?
  • 売却するにあり、抵当権を外すことはできますか?
不動産売却において、「いくらで売れるのか」は重要なポイントです
不動産を売却しても住宅ローンを完済できない場合は、任意売却の対象となります。
離婚をきっかけに不動産売却する場合、ほとんどのケースで任意売却になると言えるでしょう。
しかし任意売却では、抵当権や差押えの抹消について債権者と交渉をする必要があります。一般の不動産会社は取扱いが難しいため、取り合ってくれないことが多いです。
弊社では任意売却案件を常に取り扱い、任意売却におけるスキル、知識などを蓄積しています。安心してお任せください。
1
査定
不動産の売却査定を行います。
2
売却依頼
売却査定価格・売却条件の取り決めを行い、不動産会社に売却依頼をします。
3
売出の価格
売却査定価格をもとに、売出の価格および、各種諸条件について住宅ローン債権者(銀行)と協議を行います。
4
販売活動
売却物件の販売活動を始めます。
5
価格についての協議
購入希望者が現れたら、購入希望者・住宅ローン債権者・所有者の3者間で売却価格についての協議を行います。
6
売買契約の締結
価格や条件の合意が取れたら、売買契約を締結します。
7
残代金の支払い・ 各申請
売買代金全額のお支払と同時に、抵当権抹消・買主へ所有権移転の登記申請を行います。
8
完了
弊社ではサポートメンバーの協力を得ながら、離婚から不動産売却までの一連の流れをサポートさせていただきます。
悩まず、ご相談下さい
離婚に伴う不動産売却は、お客様の状況によって最善案が異なります。また、当事者間の問題によっても異なるため、周りの方の体験談はあまり役に立たないのが現実です。

お一人で抱え込まずに、お気軽にご相談ください。
一番の不安要素は今後の見通しがたたないことです。
今後の流れがわかるだけでも、今ある不安要素を大幅に減らすことができると考えています。
弊社が心がけていること

離婚に伴い、現在のお住まいなどの不動産を売却しなければならない事情を理解し、細心の注意と配慮を心がけております。

メールの相談
離婚は未確定だが、離婚した場合どうなるのか知りたいなど、状況把握のための事前相談も可能です。
「売却する場合はいくらで売れそうか」といったご相談も可能です。

電話相談
直接会う事には抵抗があるが、メールだと面倒に感じる。
そんな方はお気軽に弊社までお電話ください。電話相談も、もちろん無料です。

直接相談
直接会って相談したい。面談による相談も無料です。
実際に会って相談した方が、より具体的なご提案をすることができます。
ご自宅等への訪問はもちろん、オンラインでのご対応も可能ですので、遠方の方でもお気軽にご連絡ください。
その他にも、弊社の事務所、喫茶店など外での打合せも可能です。
相談者様の都合に合わせ求められるあらゆるケースでご対応させて頂きます。
弊社では様々なケースを想定して、打合せ場所・時間・服装など柔軟かつ迅速にご対応しております。
早朝・深夜はもちろん、スーツではなくカジュアルな格好での打合せも可能です。その他、ご希望がございましたらお申し付けください。

※相談内容につきましては、弁護士等に介入頂く場合がございます。